N あいの風とやま鉄道521系更新日:2022/09/14

更新日:2022/09/14

画像をクリックすると拡大します。

あいの風とやま鉄道<倶利伽羅(石川県)~市振(新潟県)>でJR西日本より521系2次車が16編成譲渡され、現在活躍しています。続いて増備された521系1000番台は製造時期の関係でJR西日本521系3次車にあたる仕様とされたため1000番台で区分されています。
風をモチーフにした爽やかな水色と緑色のウェーブ模様が車体の側面にそれぞれ描かれ、見る向きによって大きく印象が異なるのが特徴です。最大2編成併結で金沢(IRいしかわ鉄道)~泊間で運用されていますが、2往復のみ糸魚川(えちごトキめきライン)までの直通も行っています。また、平日朝夕には全席指定の「あいの風ライナー」として金沢~泊間を運転しています。




品番 品名 ASSY表 価格
10-1437 あいの風とやま鉄道521系 2両セット あいの風とやま鉄道521系 2両セット ASSY表 ¥10,230
10-1453 あいの風とやま鉄道521系1000番台 2両セット あいの風とやま鉄道521系1000番台 2両セット 生産予定表 ¥10,890

編成例

編成例

主な特長

●あいの風とやま鉄道521系は AK11編成の現在の姿がプロトタイプ
・JR時代から大きくイメージチェンジしたカラーリングを的確に製品化。ロゴマークや表記類も忠実に再現
・特徴的なホイッスルカバーを再現
・前面及び側面の行先表示は「普通 泊」が印刷済。交換用前面表示として「普通 金沢」「ライナー 泊」を用意

●あいの風とやま鉄道521系1000番台は、AK17編成(川重製)の現在の姿がプロトタイプ
・在来車とは異なる前面デザインや、爽やかなカラーリングを的確に再現
・前面行先表示は「普通 泊」を印刷済。交換用として「普通 金沢」「(無地)」を付属。側面行先表示は黒無地で表現。行先表示シール付属

●先頭車間転落防止ホロは2種(先頭用・中間連結用)を選択可能。中間連結用は先頭車同士の連結時に干渉を避けるために使用します。
●先頭部はカプラーカバー+電連のダミーカプラーを装備。付属の先頭連結用カプラーに交換することで、先頭車同士の連結が可能
●中間連結部は密連カプラー(フックなし)を採用
●フライホイール付き動力ユニット採用で、安定した走行が可能。トラクションタイヤ装備
●ヘッドライト/テールライト点灯(消灯スイッチ付)。白色LEDを採用
●DCCフレンドリー
●付属品・・・交換用前面表示・無地×各2、先頭連結用カプラー、転落防止ホロ(先頭用・連結時用)×各2組、行先表示シール、消灯スイッチ用ドライバー

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥792
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,960

関連製品

  • サムネイル
    N

    IRいしかわ鉄道521系

  • サムネイル
    N

    521系

  • サムネイル
    N

    225系 100番台「新快速」

  • サムネイル
    N

    E7系 / W7系 北陸新幹線

  • ※ あいの風とやま鉄道株式会社商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格に消費税を加えた総額表示です。
PAGE TOP