N EF58 150 宮原機関区 ブルー更新日:2012/06/21

更新日:2012/06/21

画像をクリックすると拡大します。

EF58 150号機は昭和33年(1958)3月東芝府中工場で製造され、東海道本線から山陽本線へと電化が進む幹線の特急牽引用として、宮原機関区、宮原運転所(現在の宮原総合運転所)を起点に長い間活躍し続け、平成23年(2011)、ついに廃車となりました。

● EF58 150 宮原運転所
初代ブルートレイン20系の最後を飾った、快速「さよなら20系客車」牽引当時の姿をプロトタイプに製品化

● EF58 150 宮原機関区 ブルー
東海道・山陽本線でブルートレインや郵便・荷物列車を牽引した昭和50年代、国鉄時代、宮原機関区所属時代のブルー姿をプロトタイプにした製品化

品番 品名 ASSY表 価格
3049-1 EF58 150 宮原運転所 EF58 150 宮原運転所 ¥7,150
3049-2 EF58 150 宮原機関区 ブルー EF58 150 宮原機関区 ブルー 生産予定表 ¥7,150

編成例

編成例

主な特長

● EF58 150 宮原機関区 ブルー
昭和50年代、宮原機関区時代をプロトタイプに製品化
・一般色と呼ばれるブルー塗装の姿を再現。屋根はブルー塗装
・車体一体表現(ナンバープレート、メーカープレート)
・エッジの利いた前面中央の鼻筋を再現
・低い位置に取り付けられたヘッドマークステーを再現
・分割のない前面ステップを再現
・乗務員扉下部のカバン掛け、手すりは無い状態を再現
・パンタグラフは、PS15(黒)を搭載
・車体各部表記をリアルに再現
・フライホイール搭載動力ユニット採用で、安定した走行が可能
・ヘッドライト点灯
・アーノルドカプラー標準装備(KATOナックルカプラー付属)
・付属品・・・信号炎管、銀のニギリ棒、ホイッスル

● EF58 150 宮原運転所
「さよなら20系客車」運転時の1997年頃をプロトタイプに再現
専用車体を採用し、150号機ならではの装飾を再現
・深みのある茶色い車体色の再現
・車体一体表現(ナンバープレート、メーカープレート)
・エッジの利いた前面中央の鼻筋を再現
・低い位置に取り付けられたヘッドマークステーを再現
・三分割の前面ステップを再現
・乗務員扉下部のカバン掛け、手すりは無い状態を再現
・屋根上のSG風道は、開口部を表現
・パイプ状のパンタシューをもつPS15パンタグラフを再現
・ヘッドマークが取り付けられるように、クイックヘッドマーク仕様。(「サロンカーなにわ」「味めぐり但馬カニスキ」ヘッドマーク付属)
・車体各部表記をリアルに再現
・運転台を表現(操作盤・イス・室内シースルー化)
・フライホイール搭載動力ユニット採用で、安定した走行が可能
・ヘッドライト点灯
・アーノルドカプラー標準装備(KATOナックルカプラー付属)

別売対応オプション

関連製品

  • サムネイル
    N

    郵便・荷物列車「東海道・山陽」

  • サムネイル
    N

    20系 寝台客車

  • サムネイル
    N

    12系 急行形客車 国鉄仕様

  • サムネイル
    N

    客車編成セット 寝台急行「きたぐに」

  • ※ JR西日本承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格に消費税を加えた総額表示です。
PAGE TOP