サウンドカード〈165系〉更新日:2022/07/07

更新日:2022/07/07

国鉄の急行列車網を広げた名車、直流急行形電車165系は、山岳区間対応のため主電動機出力の増大、勾配抑速ブレーキとノッチ戻し制御や耐寒耐雪設備を装備し、昭和38年(1963)から7年間で総数701両が製造されました。
国鉄最後の直流急行形電車で、グリーン車やビュッフェ車なども存在し、東北(黒磯以南)・上越・甲信越・房総・東海・南紀地区などの急行・ローカル用に幅広く運用されました。
急行形電車165系の旅を呼び覚ますサウンド体験を、N/HOゲージでお楽しみいただけます。




banner

品番 品名 ASSY表 価格
22-242-5 サウンドカード<165系> サウンドカード<165系> 生産予定表 ASSY表 ¥3,520

編成例

編成例

主な特長

本製品は「サウンド同調」タイプのサウンドカードに「同調設定保存」機能のプログラムを搭載しています。コントローラー優先モードのON・OFF設定が保存されますので、これからサウンドボックスを用いた運転をはじめる方やサウンド同調モードが苦手な方でもお手軽にお楽しみいただけます。

・走行状況による走行音の変化をリアルに感じながら鉄道模型の運転をお楽しみいただけます。
・6つのファンクションボタンを押すことにより、警笛、ドア開閉、鉄道唱歌のオルゴールやブロワー始動と停止などで急行列車・長距離列車の運転を演出します。
・走行音に耳をすませば、時折車体の振動に伴う座席蹴込板のバタつき音も。ボックスシートがずらりと並んだ急行形電車のリアルな乗車感覚を再現します。
・コンプレッサー音は実車の多くに搭載された、特徴あるC1000形で再現
・457系列などの走行用サウンドとしてもお楽しみいただけます(コンプレッサー音が異なります)。
・サウンド同調モードでは走行音に追従した加速/減速が行われ、実車を運転するような感覚でお楽しみいただけます。
・コントローラー優先モードでは、コントローラー同調タイプのサウンドカードと同様にパワーパックの操作に合わせて車両が走行します。
・「同調設定保存」機能は、サウンドボックスの電源OFF時、直前の同調モードを記憶し、次回起動時も設定が維持される機能です。
・パッケージ内に、サウンドボックス対応の「ファンクションラベル」を同梱

別売対応オプション

関連製品

  • サムネイル
    N

    アクセサリーケース(サウンドカード対応)

  • サムネイル
    N

    165系 急行「佐渡」

  • サムネイル

    スマートコントローラー(ACアダプター別...

  • サムネイル

    N用ACアダプター

  • サムネイル
    N

    165系 急行「アルプス」 / 事業用車

  • サムネイル
    N

    165系 急行「伊那」

  • サムネイル
    HO

    (HO)165系

  • サムネイル

    サウンドボックス

  • ※ JR東日本商品化許諾済 JR東海承認済 JR西日本商品化許諾済
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格に消費税を加えた総額表示です。
PAGE TOP