KATO PRECISION RAILROAD MODELS
鉄道模型KATOホームページ
サイト全文検索
発売予定品ポスター
生産予定表(カトー製品)
生産予定表(ホビーセンターカトー製品)
在庫検索
製品情報トップ
製品情報検索
ベストセレクション
ユニトラム
ユニトラック レイアウトプラン特集
Facebook
Twitter
イベント情報
ご意見窓口
故障修理のご依頼方法
会社概要 ・採用情報

販売店検索
海外販売網

YouTube KATO鉄道模型チャンネル
KATO Nゲージ鉄道模型入門
ホビーセンターカトー
カスタムショップ
鉄道模型オンラインショップ
KATO京都駅店
KATO USA
鉄道模型コンテスト

 ホーム >> 製品情報 >> EF30

EF30 更新日: 2015/09/09
tweet on twitter

  拡大画像



  拡大画像


  拡大画像

    
昭和35年(1960)に九州地区が交流電化され、山陽本線の直流区間との接続駅が門司駅となり、関門海峡トンネルで活躍したのが交直流電気機関車のEF30です。海底トンネルという特殊な環境下で使用されるため、防錆のためのオールステンレスの車体を持つのが特徴で、本州と九州を結ぶ旅客列車・貨物列車のほとんどを牽引して活躍しました。
交流区間の走行は門司駅構内の運転に限られるために、交流区間での出力が低く抑えられているほか、1台車2軸の動輪を1モーターで駆動するなど個性的な機関車の特徴が随所にみられます。旅客列車(ブルートレインや荷物列車など)の場合は単機で、貨物列車の場合は重連で使用され活躍しましたが、昭和62年(1987)のJR移行時までに、そのほとんどがEF81に役目を譲り姿を消しました。
品番 品名 本体価格
3073 EF30  発売予定 
¥ 7,200+税
関連製品

20系寝台特急「あさかぜ」

20系 特急形寝台客車

20系寝台特急「さくら」
 
●  関門海峡トンネルで活躍した、交直流形電気機関車EF30、本州と九州をつなぐ“海の下の力持ち”を的確に再現。
●  特殊な用途ゆえの独特のスタイル、銀に輝くステンレス製コルゲート板に覆われた車体を余すところなく再現。
●  交直流電気機関車の見せ所、屋根上の配線は金属線で、碍子は塩害対策でグリスを塗布した緑色をリアルに再現。
●  昭和36年(1961)製造のグループをプロトタイプに、1灯ヘッドライトと後部標識板の無い小判形テールライトを再現。
●  定評あるフライホイール付動力ユニットで、ブルートレイン15両フル編成を牽引可能。
●  ナンバープレートは、門司機関区所属の9、11、14、17号機を選択。メーカーズプレートは2種(日立・東芝)が付属。
●  国鉄末期に掲出されたヘッドマークがクイック式で付属。「さくら」「はやぶさ」「富士(山形)」「みずほ」の4愛称。
●  アーノルドカプラー標準装備。交換用にKATOナックルカプラー付属。
※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。