N DD51後期 耐寒形 北斗星更新日:2020/08/25

更新日:2020/08/25

北海道内の寝台特急牽引用として1988年に登場したDD51形北斗星色は、JR北海道の主力ディーゼル機関車として、重連でブルートレイン(北斗星・カシオペア)を牽引して活躍。客車列車の縮小により徐々に廃車が進み、平成28年(2016)3月の「カシオペア」通常運行終了に伴い最後の5両が引退しました。
前面窓寸法を見直し、ヘッドマークや、特徴的なステー部の形状を再現、タブレットキャッチャー及び同保護板を撤去した姿外観など、より実車に準じたディテールへと各所をリニューアルして製品化。

品番 品名 ASSY表 本体価格
7008-F DD51 後期 耐寒形 北斗星 DD51 後期 耐寒形 北斗星 生産予定表 ¥7,300+税

編成例

編成例

主な特長

●複雑な外観を持つ実車のイメージをよく捉えた外観、良好な走行性能、美しい塗装と車体表記、手すり・ランボード・エンドビームをはじめ、JR列車無線アンテナなどの細部のディテールを再現
●キャブの前面窓を実感的な形状に改良の上、タブレットキャッチャーおよび同保護板を撤去後の姿を再現
●各所のHゴムは黒色で再現
●ボンネットのつなぎ部は黒色で再現
●JR北海道のブルートレイン牽引機(A寒地仕様)をプロトタイプに製品化。スノープロウ・旋回窓・ホイッスルカバー装備、タブレットキャッチャー・同保護板・縦雨樋はなしの実車どおりの形態を再現
●特徴的な形状のヘッドマークステーを別パーツで再現
●ヘッドマークは「北斗星」「カシオペア」付属
●ヘッドライト点灯。電球色LEDを採用
●アーノルドカプラー標準搭載。交換用ナックルカプラーが付属
●フライホイール搭載動力ユニットで、安定した走行と力強い牽引力を発揮
●付属ナンバープレート:「1137」「1138」「1140」「1142」
●ホビーセンターカトーの「品番28-260-1 DD51動力台車(タイヤ無)」を用いることで、重連運転時によりスムーズに運転をお楽しみいただけます

別売対応オプション

関連製品

  • サムネイル
    N

    24系寝台特急「北斗星」<デラックス編成...

  • サムネイル
    N

    E26系「カシオペア」

  • サムネイル
    N

    731系

  • サムネイル
    N

    キハ201系

  • ※ JR北海道商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP