N ED62更新日:2017/12/04

更新日:2017/12/04

飯田線シリーズとして、KATO初のED級直流新形電気機関車となるED62を製品化。
ED62はコンパクトでまとまった車体に中間台車を持つ下回りの独特なスタイルが特徴で、ED61の回生ブレーキ等を撤去、飯田線等の線路規格の低い線路に対応するため、軸重軽減のために1軸の中間台車を装備した形式です。飯田線既存のED18、ED19の後継機として活躍しました。

「タキ25000+ホキ5700 飯田線貨物列車セット」を牽引車両としてご用意。そのほかにも国鉄形タンク貨車や有蓋貨車、車掌車などで組成された小貨物列車の牽引がベストマッチする機関車で、もちろん「ED19+タキ10600 セメント列車」セットの貨車牽引や臨時列車牽引で12系客車やお座敷客車牽引などもお薦めです。小柄な機関車が牽引する短編成の貨物列車は小レイアウトや小スペースでの運転に最適です。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
10-1426タキ25000+ホキ5700飯田線貨物列車 4両セット タキ25000+ホキ5700飯田線貨物列車 4両セット ¥7,500+税
3084ED62 ED62 ¥7,000+税
8071ホキ5700 秩父セメント(2両入) ホキ5700 秩父セメント(2両入) ¥3,000+税

編成例

編成例

主な特長

● プロトタイプは昭和53年(1978)前後の伊那松島機関区所属機で設定。ジャンパ栓撤去後・列車無線アンテナなし、Hゴムライトグレー、助手席側ワイパー原形、解放テコ青で設定。
● ライトユニットは電球色のLEDを採用。
● 輪心はボックスタイプを適用。
● スノープロウ装備の形態で再現。
● 選択式ナンバープレート・メーカーズプレート採用。ナンバープレートは「3」「5」「15」「17」、メーカーズプレートは「川崎」「東芝」
● 最少通過半径 R249mm

別売対応オプション

関連製品

  • ※ JR貨物承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP