N 24系 寝台特急「日本海」更新日:2024/01/26

更新日:2024/01/26

画像をクリックすると拡大します。

●寝台特急「日本海」は、昭和25年(1950)列車誕生以来63年間、北陸・越後・羽越路を走り抜ける通称日本海縦貫線を経由して大阪~青森間を結んだ列車です。昭和43年(1968)10月のダイヤ改正で、寝台特急の仲間入りを果たし、20系寝台客車、14系寝台客車と様々な車両が「日本海」として活躍しました。末期はJR東日本 青森運転所所属の24系で組成され、平成24年(2012)に定期運転終了、翌平成25年(2013)に臨時列車の運行を終了しました。

◆24系で運行された平成23年(2011)頃の「日本海」をお楽しみいただける製品です。牽引機には同時再生産のEF81 一般色 敦賀運転派出がオススメです。




品番 品名 ASSY表 価格
10-882 24系寝台特急「日本海」 5両増結セット 24系寝台特急「日本海」 5両増結セット 生産予定表 ASSY表 ¥12,430
10-881 24系寝台特急「日本海」 6両基本セット 24系寝台特急「日本海」 6両基本セット 生産予定表 ASSY表 ¥15,950

編成例

編成例

主な特長

●平成23年(2011)頃のJR東日本青森車両センター所属の24系「日本海」編成をプロトタイプに製品化。実車同様、金帯と白帯が混在するバラエティに富んだ編成を再現
●オハネフ24 0番台は、洗面所窓・非常扉閉塞、車掌室窓小形化、列車無線アンテナ設置などの改造を再現
●オロネ24は、非常扉が閉塞された外観を再現
●奥まった客室扉や屋根上のクーラーなどのディテールを細密に再現
●車体と同一面に組み込まれた薄青の窓ガラスを再現
●青20号の車体色、2本の白帯・3本の金帯を美しく塗り分け
●テールライト・テールマーク点灯(カニ24 511、オハネフ25 117のみ)
●編成の中間連結部には、ボディマウント式密自連カプラー装備。実感的な連結面間隔を実現
●オハネフ25 117とカニ24 511の機関車側はアーノルドカプラー標準装備
●変換式トレインマークは各セットとも「日本海」「あけぼの」「団体」「臨時」の4種
●トレインマークに対応した行先表示シール付属
●EF81用「日本海」ヘッドマーク付属
●テールエンドを引き締めるジャンパ栓パーツ付属
●各セットとも7両ブック形ケース入。客車のほかに機関車を収納可能

別売対応オプション

  • ●LED室内灯クリア 品番:11-211 ¥792
  • ●LED室内灯クリア(6両分入) 品番:11-212 ¥3,960

関連製品

  • サムネイル
    N

    EF81 トワイライトエクスプレス色

  • サムネイル
    N

    24系寝台特急「トワイライトエクスプレス...

  • サムネイル
    N

    EF81 一般色 敦賀運転派出

  • サムネイル
    N

    681系「しらさぎ」

  • サムネイル
    N

    225系 100番台「新快速」

  • サムネイル
    N

    683系「サンダーバード」(リニューアル...

  • サムネイル
    N

    681系「サンダーバード」

  • サムネイル
    N

    701系0番台 秋田色

  • サムネイル

    サウンドカード〈寝台特急〉

  • ● 品番11-322トレインマーク変換装置24系用は、使用できませんのでご注意ください。
  • ※ JR東日本商品化許諾済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格に消費税を加えた総額表示です。
PAGE TOP