N EH200更新日:2015/09/14

更新日:2015/09/14

画像をクリックすると拡大します。

KATOのJR貨物の電気機関車として人気のEH200。EH500形に続くJR貨物2番目の2車体連結・H級(8軸駆動)新形電気機関車です。平成13年(2001)にデビュー(試作車)し、山岳線向けの強力機として増備が進み、現在では24両がJR貨物の高崎機関区に所属し、上越線から中央東線までの勾配区間でその実力を発揮しています。
量産形と呼ばれる最近の2ケタ車番をプロトタイプに新発売!
全長25mの巨体で疾走するスピード感あふれるブルーの車体から「ブルーサンダー」の愛称で親しまれ、タキ1000を主とする石油輸送列車や、コキ100系コンテナ貨物列車の先頭に立ち山岳線で活躍する2車体を有する大形機EH200。その迫力ある走りをNゲージでもお楽しみください。

ASSY表(PDF)は、PCでのみ閲覧できます。

品番 品名 ASSY表 本体価格
3045EH200 EH200 ¥9,800+税
3045-1EH200 量産形 EH200 量産形 ¥9,800+税

編成例

編成例

主な特長

● EH200 量産形
・山岳線向けの強力機EH200。その量産形を新たに製品化。
・平成18年(2006)以降の増備機である2ケタ車番をプロトタイプにその特徴を的確に再現。
・ブルーの濃淡と、グレーを塗り分けた美しいカラーリング、「ブルーサンダー」の愛称で人気の機関車のバリエーション展開。
・量産形の特徴である車体裾の細くなったグレー塗装を再現。さらに前面ステップ下のグレー塗り分け部の変更もしっかりと表現。
・新規に台車枠を製作し、動軸1軸あたり2個へと増設された砂箱も的確に再現。実車同様の、2車体連結8軸駆動を忠実に再現。
・車体番号は、-12・-15・-20・-24の4種。JR高崎機関区に所属し、山岳線を中心に活躍するつわもの達。メーカーズプレートは、「東芝」を印刷済。
・フライホイール搭載の動力ユニットで、パワフルかつスムーズな走行性能を発揮。
・アーノルドカプラー標準装備、交換用のナックルカプラー付属。
● EH200(品番3045)
・平成15年(2003)から生産された量産車(1号機)をプロトタイプに忠実に模型化。
・2車体連結・8軸駆動の実車仕様を忠実に再現。
・ブルーの濃淡とグレーを塗り分けた美しいカラーリング・精悍な車体・重厚な台車まわりを的確に表現。
・車体側面に連続する窓やグリル、屋根上形状等、複雑かつ立体感あふれるディテールを的確に表現。
・重厚な台車を的確に再現。
・車体表記を印刷で美しく表現。
・運転台を表現。人形の搭載も可能
・フライホイール搭載動力ユニットの採用により、パワフルかつスムースな走行性能を発揮。
・ヘッドライトに、素晴らしい明るさと色合いを誇る高輝度LEDを採用。
・アーノルドカプラー(選択式KATOナックルカプラー付属)
・ナンバープレートは選択式(1、2、3、4号機)
・アンテナ、信号炎管、避雷器、ホイッスル、列車無線アンテナ(ユーザー付部品)

別売対応オプション

関連製品

  • ※ JR貨物承認済
  • ※ 発売時期・価格・仕様などは予告なく変更する場合がございます。
  • ※ 各掲載製品の価格は本体価格を表示しています。別途消費税がかかります。
PAGE TOP